教会紹介

東京キリスト教会の歴史












1.草創期・伝道所時代

1977年 五日市キリスト教会(広島県)東京集会として、教会員の家の教会の形で歩みを始める。
1981年 日本アライアンス教団東京伝道所となる。主任牧師:田村幸三師、副牧師:田村耕造師。JR大久保駅にある「日本キリスト教婦人矯風会」第二会館の集会室で礼拝を護るようになる(午後の礼拝)。会堂がないため、教会の活動は様々な制約を受ける。他の場所を転々としながら礼拝を護る。
1984年 毎週確実に午前中に礼拝を護ることができるようになった。そのことは大きな喜びであった。
1987年 田村耕造師が主任牧師に任命される。
1996年 拠点確保のため会堂建築を目指す。

2.会堂建築、教会創立

1998年 教会建設式。東京伝道所から東京キリスト教会となる。
んんんんんん9月に献堂式を行う。
2006年 主任牧師:田村幸三師、副牧師:藤井哲夫師
2009年 藤井哲夫師が主任牧師に就任。
んんんんんん小金井市キリスト教ネットワークが誕生(KC-NET)
2014年 主任牧師:山中正雄師、副牧師:田村啓師
2017年 田村啓師が主任牧師に就任。