アライアンスとは

1.アライアンス教団とは

 日本アライアンス教団は、中国・四国地方を中心に
39の教会、伝道所と教団神学校を持つプロテスタント
の教団です。本部は広島県にあります。
アライアンス教団は、アライアンス世界宣教運動の創始
者であるA・B・シンプソン(1843~1919年)はカナダ
のプリンスエドワード島でキリスト者の両親の元で育ち、アメリカの教会
で牧師として奉仕した後、Christian and Missionary Alliance(C&MA)を
創設し、福音宣教に尽力しました。現在、世界で80以上の国にアライア
ンス教会があります。
A・B・シンプソンのヴィジョン
①超教派の形での海外宣教 
②「四重の福音」を掲げて福音の体得を願った
   ⇒救い主、潔め主、癒し主、再臨の主
③福音が世界に速やかに伝わることを願った。

2.アライアンスの日本宣教

 宣教開始の年はシンプソンが来日した1893年(49歳の時)でした。
シンプソンの宣教方針は「未伝地」で「一般大衆」に福音を伝えることでした。彼は、すでに他教派の宣教団体によって主要都市において、裕福な人たちに向けて伝道されている現状から、西日本の未伝地、一般大衆への開拓伝道を指令しました。1895年三次に本部が設置され、広島県に福音の種が蒔かれこととなります。
                        
名称の変遷として、戦前は日本アライアンス教会(1914)→日本協同基督教会(1932)となり、戦中は日本基督教団・第七部(1941)という形で統合され、戦後、日本アライアンス教団(1951)となり現在に至っています。