5月15日の説教「『信じる心』の継承」の音源はこちら🎤

新型コロナウイルス感染予防対策について(5月)

東京教会では、以下の感染予防対策を行い、通常の礼拝を短縮する形(45分)で、礼拝堂での礼拝を行っております。
なお、高齢の方、持病をもっておられる方、公共交通機関で来られる方等は無理をせず、引き続き家庭で礼拝をまもってください。

【感染予防対策】
 ・入り口で消毒をする。
 ・礼拝ではマスクを着用する。
 ・礼拝堂の椅子を減らし、間隔をあけて着席する。
 ・換気扇、空気清浄機を用いて礼拝中の空調管理を行う。
 ・ドアノブや手すりなどの消毒を行う。
 ・礼拝前後のお茶は出さない(各自持参してください)
 ・聖餐は行わない

※礼拝以外の諸集会については引き続き休止とし、都の要請等を参考にしながら
 段階的に再開していくことに致します。

5月15日 主日礼拝の中でささげられる祈り🕊

父なる神様、新緑の美しいこの季節に、造り主なるあなたが私達の歩みを美しく装って下さることを感謝いたします。あなたがすでに与えてくださっている恵みは私たちに沢山あることを覚えます。今朝、この場に集い得ましたこと、感謝いたします。

日々の生活において、すぐに自分勝手に振る舞ってしまう私達です。主イエスは荒野において誘惑に遭われましたが、私達もまた、誘惑にさらされ、人の言葉に傷つくことがあります。疲れを覚え、心が乱れ、息苦しく日々を過ごすことがあります。自分が被害者だと思い、自分が加害者になってしまうことを忘れてしまいます。主よ、あなたの教え、主の言葉を通して、私達の心を正し、清め、人を励ます言葉を発することができるよう導いてください。
私達の罪を顧み、憐れんでください。あなたの言葉を聞いていながら、それを行うことをせず、御言葉を土に埋めてしまうような不信仰な歩みをしてしまう時がありました。しかし「主よ、あなたはわたしを究め、わたしを知っておられる」方です(詩139:1)。私以上に私のことを知っていてくださることが私の慰めです。拠り所です。あなたに祈るとき、どうか絶えず幼子のような素直さを失うことがありませんように。

それぞれ、課題を担いながら歩む私達です。一つひとつのこと神さまの御手のうちにあることを覚えさせてください。

この礼拝の場に集い得ない方も少なくありません。主よ、あなたが今週の日々をお支えくださり、日々の糧をもって養い、霊によって支えください。あなたは現実に失望してしまうような者の足を立たせ、望みを与えて下さいます。あなたが主でいて下さることを喜ぶことができますように。

主は、からし種一粒ほどの信仰でよいといって下さいます。ほんの少しでも、真心から信頼する者をあなたは祝福してくださいます。私達の心をどうか成長させて下さい。主イエスが示して下さったように、謙遜に、柔和に、そして、誘惑に打ち勝つ強さをお与え下さい。霊によって強めて下さい。
私達の教団の歩み、諸教会の伝道の業を導き、祝福して下さい。今週新たに始まる日々を、あなたの支えがありますように。

この祈りを主イエス・キリストの御名によって祈り願います。アーメン


ようこそ、東京キリスト教会のホームページへ

私達の教会は、日本アライアンス教団に属する正統的なプロテスタント教会です。
アライアンス(alliance)とは「協同」,「同盟」を意味する英語です。
アライアンス教団は, 福音が世界中に伝わることを願ってA.B.シンプソン (1843-1919) によって創立されました。 日本の地で伝道が始められたのは1893年のことでした。
わたしたちの教会は、1998年から小金井の地で歩みを続けています。 毎週日曜日の礼拝と水曜日の聖書の学びと祈りの会を教会生活の中心としています。