6月19日の説教「師を持つ幸い」の音源はこちら🎤

新型コロナウイルス感染予防対策について(6月)

東京教会では、以下の感染予防対策を行い、通常の礼拝を短縮する形(45分)で、礼拝堂での礼拝を行っております。
なお、高齢の方、持病をもっておられる方、公共交通機関で来られる方等は無理をせず、引き続き家庭で礼拝をまもってください。

【感染予防対策】
 ・入り口で消毒をする。
 ・礼拝ではマスクを着用する。
 ・礼拝堂の椅子を減らし、間隔をあけて着席する。
 ・換気扇、空気清浄機を用いて礼拝中の空調管理を行う。
 ・ドアノブや手すりなどの消毒を行う。
 ・礼拝前後のお茶は出さない(各自持参してください)
 ・聖餐は行わない

※礼拝以外の諸集会については引き続き休止とし、都の要請等を参考にしながら
 段階的に再開していくことに致します。

6月19日 主日礼拝の中でささげられる祈り🕊


主なる神様、新しい朝、新しい週の初め、御前に集い、礼拝をまもることがでるこの憩いの時を感謝いたします。共に心を高く上げ、御名を讃えます。

御霊の働きが私達の内にいつもありますように。どうしても私達は自らの弱さのゆえに、言葉と行いとによって主の御心にそぐわない時があります。
私達が与えられたそれぞれの場、職場、学校、家庭などにおいて、私達が自らを低くし、へりくだって隣人に仕える者とさせてください。
長引くコロナ禍において、心ふさぎ、ストレスを抱え、弱っている者をあなたが支え、必要を満たしてください。
地上での不和や争い、貧困や患難の中にある人びとを顧みてください。様々な痛みや不安が私達にはありますから、主よ、地上での日々を過ごす私達に、上寄りの平安をお与えください。私達は御手の内にある羊です。まことの羊飼いを知る羊です。疲れやストレスを抱えやすい中にありますから、主よ癒してください。あなたの御手の内で一つ一つのことが起こっていることを覚え、祈りつつ、私達が隣人のために生きることができますように。
アライアンス教団の牧師、信徒の方々、兼牧をされている先生方を励ましお支え下さい。また教会につながる一人ひとりを証し人としてお用い下さい。

神様がお造りになった美しい自然の中で、私達の生き方も美しいものとされますように。主イエスの御姿に倣い、私達の生き方が柔和で謙遜なものでありますように。礼拝の時を通して、私達が最も大切なことに気付き、悔い改めと讃美の機会を得ますように。
主イエス・キリストの尊い御名によって祈り捧げます。アーメン


ようこそ、東京キリスト教会のホームページへ

私達の教会は、日本アライアンス教団に属する正統的なプロテスタント教会です。
アライアンス(alliance)とは「協同」,「同盟」を意味する英語です。
アライアンス教団は, 福音が世界中に伝わることを願ってA.B.シンプソン (1843-1919) によって創立されました。 日本の地で伝道が始められたのは1893年のことでした。
わたしたちの教会は、1998年から小金井の地で歩みを続けています。 毎週日曜日の礼拝と水曜日の聖書の学びと祈りの会を教会生活の中心としています。